ガイワイヤーのセット

ガイワイヤーのセット ガイワイヤーは、三脚の先端とポール先端を結び、補強するためのアクセサリーです。 ポール先端にはあらかじめ「ワイヤーサポート」を取り付けておきます。 ワイヤーを強く張り過ぎると三脚の足に負担が掛かります。 カーボン製の三脚は曲がり強度が不足ぎみなので注意が必要です。 ガイワイヤーをセットする ガイワイヤー本体についているワイヤーを三脚の足に固定します。ワイヤー自体を巻き付けます。 不用意に外れないよう、ベルクロテープで固定します。 ワイヤーのロックをゆるめます。 ワイヤーを引き出します。軽く巻き取れるバネが仕込まれていますが、強くはありません。 ポール先端のワイヤーサポートのリングキャッチにワイヤーを固定します。 3本全てセットします。ワイヤーサポート...
Read More

三脚アダプター(大)のセット

三脚アダプターをセットする ポール3は、全高9メートル超の高所撮影用アクセサリーです。 重量は約3.4キログラム。 安全に使うためには、三脚アダプターとガイワイヤーの併用が必須です。 ここに紹介するのは、ポール3用「三脚アダプター」のセット方法です。 三脚アダプターのセットアップ 三脚アダプターの下部にローテータが付きます。ローテータの種類によってネジ止め方法が異なりますので注意します。「ポール用ローテータ」は、2本のネジで固定します。 RD5などを使う場合は、中央部を1本のネジで固定します。 RD5は、天地を逆向きにセットします。 RD5は、三脚アダプターに付いているハンドル付きのネジで固定できます。 ポール下部のキャップ(手持ち撮影時に地上に突きたてる)を外します。 ...
Read More

カメラのセット

カメラのセット ポール撮影では、ポールの先端にカメラをセットして撮影します。 レリーズ操作は、リモコンを使用します。 各種のパノラマ雲台を使えますが、カメラを含めて軽量・小型のタイプの方が安全です。 ここでは、R1 を使う方法を紹介します。アダプター類の組み合わせは多様ですので、購入時に十分確認します。 カメラをセットする ポールの先端は、標準で大ネジ(3/8インチ)オスが付いています。取り外してメスに変更することもできます。取り付けるパノラマ雲台に合わせます。 カメラはレンズリングで固定。レンズリング-ローテータ(R1)-ネイダーアダプター、を連結した例です。 それぞれのパーツを「クイック・マウント・ミニ・アダプター」で接続することで、スピーディなセットアップが可能になります。 ポール3は収納時の長さが...
Read More

ワイヤーサポートのセット

ノーダルニンジャ・ガイワイヤーとは? 「ガイワイヤー(Guy Wire)」は、高所撮影用ポールの安定性を高めるアクセサリーです。 ポールの先端と三脚の足の先端を3本でワイヤーで繋ぎ、張力を持たせます。 ポール3では最高10メートル近い高さになりますので、これを使用します。 ここに紹介するのは、ポール先端部に付ける「ワイヤーサポート」のセット方法です。 ワイヤーサポートの取り付け 先端(カメラ側)の1本を外します。ロックをぐるぐるゆるめます。 外したところ。ポールを両側に伸ばさないと外れないので、狭い室内では要注意。 スライド用の白いプラスチックを外します。2枚。 分解完了。 先端の細い六角ボルトをゆるめ、外します。2本。六角レンチは、パーツに含まれています。 ゴムリングを外します。 ...
Read More

ポール用三脚アダプタを使う

 ノーダルニンジャのポール専用の三脚アダプター。  重いしかさばるし、要らねぇんじゃね?  とか言っていたのですが、使ってみると、よいですねぇ。  とりあえず自立します。自立させて使うことはできませんが。  ノーダルポイントのズレも最小限になります。  5メートルといった高さになる場合はチョー安心な三脚アダプター。  しかし、よく考えましたね。うまい具合に作ったものです。  はい。 1.三脚アダプターって?  ノーダルニンジャのボールを三脚のセンターポールを使って安定させようっつう魂胆のシロモノでございますよ。  いやね。見た目以上に安定しますよ。 ▲ポールを三脚のセンターポールを使って固定します。三脚・ポール・ローテータは別売。 2.組み立てる  センターポールの上と下に、アダプターを取り付け、ポールを差し込んで固定して使います。  ローテータとの組み合わせで使用するネジ...
Read More

延長ポールを使う。

 ノーダルニンジャのポール(Fanotec Pole Series 1)は、高さ2.75メートルで、高いといえば高いのですが、物足りないといえばもの足りません。  で、新しく発売された延長ポール(Poles Series 2 Lower Unit)が欲しくなってしまうわけです。  これらを併用することで、5.5メートルまで高くできるそう。  しかし、あぶなくね?  と思ったのですが、実際に手にしてみると、安心感のある太さと、しなやかさ(多少は揺れる)で、それほど危ない感じはしませんね。  というわけで、セット方法などをまとめておきます。 1.二つのユニットをつなぐ。  まあね。見たらわかるって話もあるのですが、ここまで分解するとは。  ▲アッパーユニットの底(左)と、ロワーユニットの先端(右)を分解したところ。 ▲ロワーユニットのネジをアッパーユニットに入れてから、付属の...
Read More

ポールを使った高所撮影

 たとえるなら孫悟空の如意棒ですかね。カメラを高く持ち上げて、空中から360°パノラマを撮ろうという魂胆なのです。  日本のパノラマファンの多くは、Agno'sのポールを使用しているようです。1.5メートルから最長9メートル!までのラインナップがあり、水準器などのアクセサリーも豊富みたい。といったメリットだけでなく、つい最近まではこのブランド以外にはなかった、といってよい事情もあるようです。  ところがですよ。ノーダルニンジャからpano poleなるものが新発売された、との情報をよしみカメラさんからいただき、早速入手したのです。当のサイトにはまだ登場していないようですが、Twitter情報では、既に注文が開始されています。  というわけで、多分、国内初となるノーダルニンジャ「パノ・ポール」情報をお届けしましょう! ▲カーボン製の如意棒のようなものですね。伸びる武器のようでもある...
Read More

シグマ8ミリで高所撮影

 「長辺」方向に180°、「短辺」方向に約120°が収まるシグマ8ミリ。  カメラを少し上向きにして水平方向4カット。さらに底面を1カット。合計5カットだけで、十分余裕のあるパノラマ撮影ができます。  カット数が少ない、というのは、撮影自体もスピーディですが、画像と画像をつなぐストレスもずいぶん少なくなります。それだけでなく、画角が十分広いために、少々の角度の違いなど気にしなくて「隙間」はできません。慎重さは必要ですが、ラフでもよい、ということで、ニコン10.5ミリの対角線魚眼の水平6カット撮影に比較するなら、驚くほど楽でした。60°ごとの6カットよりも、前後左右の4カットも、感覚的に分かりやすいです。 1.撮影方法のまとめ  パノラマ雲台R-1についてはこちら。 ポールについてはこちら。を参照してください。    パノラマ雲台R-1は、レンズによって取り付けリングが異なりますのて、シ...
Read More