『Panotour Pro 2 & krpano 完全入門』・krpanoクーポンコードについて

『Panotour Pro 2 & krpano 完全入門』には、Panotour Pro 2 と krpano が 10%割引で購入できるクーポンコードが袋とじで付いてきます。この使い方についてはこちらを参照してください。 2018年1月、krpanoの支払いサイトがShere itから、My Commerce に移行するにあたり、しばらくの間、クーポンコードの入力欄がなくなっていましたが、同26日より復帰しました。     krpano 購入でのクーポンコードの使用方法 通常の「buy」ページではなく、クーポンコードを表示するページから入ります。 購入対象にチェックを入れて進みます。 支払いサイト「My Commerce」のページに移動します。ここにクーポンコードの入力欄があります。
Read More

『Panotour Pro 2 & krpano 完全入門』・クーポンコードの使い方

『Panotour Pro 2 & krpano 完全入門』には、Panotour Pro 2 と krpano が 10%割引で購入できるクーポンコードが袋とじで付いてきます。この使い方がいま一つわからない、という質問を受けましたので、ここで詳しく説明しておきます。 『Panotour Pro 2』はだいたい6万円相当ですから約6000円引き、『krpano』はだいたい2万円相当ですから約2000円引きと、結構お得だと思っています。 ぜひご活用ください。 巻頭にある袋とじを開くと、Panotour Pro 2 と krpano それぞれのクーポンコードが記されています。 Panotour pro 2 購入でのクーポンコードの使用方法 Panotour Pro 2 の購入サイトはこちら。 プラットフォームを選択して進みます。 ...
Read More

layerの研究(3)

今回は「layer(レイヤー)」を画面内で動かせるようにして、レイヤー構造を調べます。 準備 とりあえず、前回と同様な下地レイヤーを配置します。 [xml] <layer name="box" type="container" keep="true" align="left" x="100" y="0" width="320" height="200" bgcolor="0xffffff" bgalpha="1" bgborder="2 0xff0000 0.5" bgroundedge="5" ...
Read More

layerの研究(2)

さてさて「layer(レイヤー)」をパノラマに貼り付けて、その特徴を調べていきます。 以前も紹介したよう、レイヤーは、ブラウザ画面に対して位置を固定したボタン類です。ですから、画面下に配置されている上下左右ボタンなどもレイヤーです。 準備 何も配置されていないパノラマを用意し、layer.xmlをインクルード指定して読み込ませ、ここにいたずら書きをしていきます。 メインxml(pano.xml)で、layer.xmlをインクルード。 [xml] <krpano> <!-- the skin --> <include url="skin/defaultskin.xml" /> <!-- レイヤー --> <include url="layer.xml" /> [/...
Read More

layerの研究(1)

「layer(レイヤー)」は、パノラマの画面に貼り付けるボタン類のことです。かつては「plugin(プラグイン)」と呼ばれていましたので、古いコードを見るとpluginになっています。今は、どちらの表記でも使えます。ただ、現在では基本的にlayerはボタンなど、pluginは付加機能として使い分けられていますので、これに準じる方がわかりやすいと思います。 layerという名の通り、層(レイヤー)構造を持たせることができます。また、レイヤー同士に親子関係を作ることもできますので、同類のボタンを並べたりするのに役立ちます。 どこを調べる? Documentation(メインメニュー)→XML Reference(左メニュー)→The krpano XML structure(本文ウインドウ)→と進めば、詳しい説明が見られます。今回をここを解読しています。読んでもあんまり面白くないかもしれ...
Read More

iPhone-ipad-simulatorを使う

今回は「iPhone-ipad-simulator」。PCローカル上の画面で、iPhoneやiPadでパノラマを見たらどう見えるか、動作はどうか? を確認するためのシミュレーターがあります。v19版はまだ作られていませんので、v18版を使う方法を紹介します。便利ですよん。 1)どこにある? 2)カスタマイズの仕方。 3)使い方。 1)どこにある? 「iPhone-ipad-simulator」のv19版があれば話が速いのですが、どこを見ても見つかりません。v19の正式版にはついてくるかな? そんなわけで、krpano-v18をダウンロードして、探し出します。v18には、現在のv19ではなくなってしまったサンプルがいくつもあります。xmlの勉強には大変役立つものですので、ダウンロードしておいて損はありません。 Download→Archive と進み、Version 1.18.6...
Read More

「オプション」と「エディタ」を使う(2)

今回は「エディタ」プラグインの使い方。これを使うと、画像を貼り付けるホットスポットを簡単に配置し、座標を記したコードを取得することができます。また、多角形(ポリゴン)のホットスポットを描いてコードを得ることもできます。これらの手順を紹介していきます。 他に、レンズフレアーを設置することもできるのですが、これは現状html5に対応していないので説明は略します。 1)エディタの使い方。 2)画像(イメージ)ホットスポットの設置。 3)多角形(ポリゴン)のホットスポットの設置。 4)xmlコードの取得。 1)エディタの使い方 エディタプラグインをパノラマに組み込むと、画面下に「editor」ボタンが表示されます。 これをクリックすると、メニューが表示されます。 左から hotspots・・・・ホットスポットを加える時に使います lensflares・・・レンズフレアを加える時に使...
Read More

「オプション」と「エディタ」を使う(1)

前回はホットスポットをパノラマの中央に配置しましたが、適切な箇所に配置するには、パノラマの座標の仕組みを理解しておく必要があります。今回はその説明をした後に、「オプション」と「エディタ」の二つのプラグインの説明をします。ちょっとややこしいです。 1)パノラマの座標を知る。 2)「オプション」と「エディタ」を使えるようにする。 3)「オプション」を使って座標を知る。 パノラマの座標 krpanoで使われるパノラマの座標は、こんな感じです。 横(水平)方向はhorizontalなので「h」で表され、座標を指定する時は「ath」を使います。画面中央が0、右回りが+、左回りが-で、角度の数値を指定します。真後ろは、+180でもあり、-180でも、どちらも同じ位置になります。また、0も、+360も、-360も、真正面になります。 ただ注意しておきたいのは、0と+360と-360は、同じ...
Read More

ホットスポットをつけて、写真をポップアップさせる

今回から、ちょっと本格的な動作指定を行っていきます。テーマは下記。 1)パノラマにボタン(ホットスポット)を配置する。 2)ホットスポットをクリックしたら画像がポップアップ。 3)ポップアップ画像をクリックしたら、画像が閉じる。 準備 1)xmlファイルを用意する・・テキストエディタで作成します。拡張子は .xml 。内容の最初と最後に、krpanoのタグを書いておき、その間に必要なコードを書いていきます。エンコードをUTF-8にするのを忘れずに。 2)ホットスポット画像・・・・パノラマ上に貼り付けるホットスポットの画像です。 3)ポップアップ画像・・・・・ホットスポット画像をクリックしたら表示する写真です。 これらが準備できたら、これらをまとめて「popup」フォルダに入れ、パノラマデータの中に入れます。 そうしたら準備ok。 これらを全て、zipにしてこち...
Read More

xmlをいじる(2)ボタンをいじる

前回と同じパノラマを使って、上下左右拡縮などのボタンをいじってみます。 まずは、コードの説明から。 skinフォルダにある、defaultskin.xml を開いて、14行目あたりを見ます。これがボタンの設定になります。 ボタンの設定部分 [xml] <!-- the container layer that contains the buttons --> <layer name="defaultskin_buttons" type="container" width="360" height="40" align="bottom=" y="10" scalechildren="true" scale="1.0&...
Read More