layerの研究(1)

「layer(レイヤー)」は、パノラマの画面に貼り付けるボタン類のことです。かつては「plugin(プラグイン)」と呼ばれていましたので、古いコードを見るとpluginになっています。今は、どちらの表記でも使えます。ただ、現在では基本的にlayerはボタンなど、pluginは付加機能として使い分けられていますので、これに準じる方がわかりやすいと思います。 layerという名の通り、層(レイヤー)構造を持たせることができます。また、レイヤー同士に親子関係を作ることもできますので、同類のボタンを並べたりするのに役立ちます。 どこを調べる? Documentation(メインメニュー)→XML Reference(左メニュー)→The krpano XML structure(本文ウインドウ)→と進めば、詳しい説明が見られます。今回をここを解読しています。読んでもあんまり面白くないかもしれ...
Read More

iPhone-ipad-simulatorを使う

今回は「iPhone-ipad-simulator」。PCローカル上の画面で、iPhoneやiPadでパノラマを見たらどう見えるか、動作はどうか? を確認するためのシミュレーターがあります。v19版はまだ作られていませんので、v18版を使う方法を紹介します。便利ですよん。 1)どこにある? 2)カスタマイズの仕方。 3)使い方。 1)どこにある? 「iPhone-ipad-simulator」のv19版があれば話が速いのですが、どこを見ても見つかりません。v19の正式版にはついてくるかな? そんなわけで、krpano-v18をダウンロードして、探し出します。v18には、現在のv19ではなくなってしまったサンプルがいくつもあります。xmlの勉強には大変役立つものですので、ダウンロードしておいて損はありません。 Download→Archive と進み、Version 1.18.6...
Read More

xmlをいじる(1)マウスタイプを変更する

いよいよxmlをいじっていきます。 初回は、マウスタイプの変更。MAKE PANOドロップレットで作成したパノラマは、初期状態のマウスモードが「moveto」と呼ばれるタイプになっています。一昔前のQTVRに準じた動かし方で、マウスカーソルをちょっと横に動かすと、延々その方向にパノラマが動いていきます。慣れの問題なのですが、タッチデバイスに慣れた現代人にとっては、ちょっと馴染まない動きに感じます。マウスや指先で動かした(ドラッグした)だけ、動いてくれる方が感覚的なんですよね。なので、このマウスタイプを、「moveto」から、「drag2d」タイプに変更します。 変更するだけなら、コードをちょっと書き換えればよいだけなのですが、その仕組みまで、ちゃんと調べてみてみます。これまた、慣れるまでが大変なのですが、一つ一つの動きを調べて変更する方法を理解しておくと、後が楽になります。 1)準備 ...
Read More

サイトをつぶさに見ていくよ!(1) Home・News・Exsamples

これまでkpapnoフォルダの中身を一つ一つ調べてきました。いよいよ本題に入りたい気持ちはやまやまなんですが、ここでもう一度krpanoのサイトの中を一通り詳しく見ていこうと思います。よくよく見ると、やっぱり、よくできているわけなんですよ。論理的というか、理詰めというか・・。でも多分、だからこそ初心者にはとっつきにくいと感じられるんでしょうかね? 無駄がなくて、遊びがなくて、お話しのように読めないから・・。 まずは、サイトの「Home」、「News」、「Exsamples」を見ていきます。これだけをしっかり全部見れば、krpanoを使えば何ができるかが一通りわかってしまいます。私がやっているこんな説明なんぞ要らないんじゃね? という気持ちになって、心が折れそうです。 「Home」 行ってしまえば「概要」ってとこですかね。FlashとHTML5で使えますよ、とか、レンダリング...
Read More

krpanoの中身を見ていこう!(7)

今回は、「krpano Tools.exe」です。「krpanotools32.exe」と「krpanotools64.exe」が後ろで動いているようで、同じディレクトリーにないと起動しません。前者は32ビット用、後者が64ビット用です。 「krpano Tools.exe」 「krpano Tools.exe」(左)と、「krpanotools32.exe」と「krpanotools64.exe」(右)   「krpano Tools.exe」には、4つのタブがあり、それぞれ重要な役目を果たします。 「Protect Tool」 タブ 「Protect Tool」 タブは、他のユーザーがパノラマデータを無断で使用したりすることを許可しないようにすることができる、まさにプロテクトをするためのツールです。jsファイルとswfファイルを書き換えることで、プロテクトを実現し...
Read More

krpanoの中身を見ていこう!(4)

いよいよパノラマに近づきますよ。 今回は、「MAKE PANO(MULIRES)」と「MAKE PANO(NOMAL)」のドロップレットの紹介です。 「MAKE PANO(MULIRES)」と「MAKE PANO(NOMAL)」 左・・「MAKE PANO(MULIRES)」マルチレゾリューションの、シングルパノラマを生成できます。 右・・「MAKE PANO(NOMAL)」マルチレゾリューション非対応の、シングルパノラマになります。   使い方 画像ファイルを「MAKE PANO(MULIRES)」「MAKE PANO(NOMAL)」やにドラッグ&ドロップするだけ。                 元フォルダにパノラマのデータが入ったファイル&フォルダが生成されます。 元の画像は不要な...
Read More

krpanoの中身を見ていこう!(2)

なんだか忙しくなってしまって、久々の更新。krpanoの中身を見ていこう!(2)は、「MAKE OGJECT」のドロップレットです。 「MAKE OGJECT droprtt」 「MAKE OGJECT droprtt」VRパノラマとは逆に、オブジェクトVRを作成できます。 使い方 オブジェクト(物)を360度回転させながら、一定角度置きに撮影した写真を用意します。これを、「MAKE OGJECT droprtt」にドラッグ&ドロップするだけ。 元ファイルにオブジェクトVRのデータが入ったフォルダが生成されます。 フォルダの中身です。 フォルダの中のhtmlファイルを開くと、ブラウザが起動し、オブジェクトVRを見ることができます。対象物をグルグル回転させたり、拡大することも可能です。 ↓の画像をクリックすれば、別窓でオブジェクトVRを見られます。 krpanoの...
Read More

krpanoの中身を見ていこう!(1)

さてさて、とりあえず簡単にパノラマツアーを作れるところまで来ました。 ここで、krpanoフォルダの中身をじっくり探っていきましょう。一つ一つを詳しく見ていくと、それだけでkrpanoの全てがわかります。なぜなら、ユーザーが変更できるコードは全て見られるような状態になっているからです。だからといって、一目でこれはこれ、あれはあれ、と簡単にわかるような代物でもありません。 ゆっくりのんびり、わかるところだけわかったフリをしていこう、という感じでレッツ・ゴーですよ。 フォルダの中身 ダウンロードしてフォルダを開くとこんな感じです。。 フォルダが二つ、ドロップレット(winなら.bat、macなら.app)が10個、アイコンのある実行ファイルが二つ、アイコンのない実行ファイルが二つ、あとはライセンスとリリースノートのテキストファイルです。 フォルダを見てみる 二つのフォルダの中身を見...
Read More

krpano・エディタを使って、パノラマツアーを編集する(3)

ツアー・エディタを使って編集の、さらなる続きです。 複数のパノラマ(シーン)を連結させたものを、パノラマツアーなどといい、それぞれのシーンはサムネイルで切り替えることができますが、ちょっとまどろっこしい感じがします。シーンとシーンの撮影場所がそれぞれ連続して見えている場合などは、パノラマ画像の中に矢印などのボタンを置き、それをクリックするとその場所に移動できると便利です(グーグル・ストリート・ビューも似たような機能があります)。krpanoでは、パノラマ画像の中に配置するボタンを、ホットスポット(hotspot)と言います。このホットスポットの配置と、クリックした時のシーン切替の動作指定も、ツアーエディタでワンタッチで可能です。 今回はそこのところを一通り紹介します。 左上の「set as startup view」で設定 作業前に、ツアーの見取り図を作ります。どのシーンのどの部分に...
Read More

krpano・エディタを使って、パノラマツアーを編集する(2)

ツアー・エディタを使って編集の続きです。パノラマを開いたときに表示されるのは、元画像の中心になります。でも、360度全景が写っているわけですから、必要に応じて、最初に表示される向き( view といいます)を調整したいものです。これを設定するのが今回の目標。 krpanoのコードでは、横方向の角度を ath で示し、元画像の真正面が0、右方向に回るごとに+90(右)、+180(後)、+240(左)、一周して+360となります。ここで知っておきたいのは、0 と 360 は同じ正面を向いていますが、ath の数字としては異なる扱いになるということ。つまり、360 は 0 から右方向に1回転した正面、であって、0 ≠ 360 であることに注意しておきます。ま、見た目は同じなんですけれどね。 逆に、左回転すると、- (マイナス)の値になります。90 と -240 は、同じ左向きですが、値としては異...
Read More